ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
書評 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第24回政策・情報学生交流会開催!
3冊目:ドゥルーズの哲学-生命・自然・未来のために-/小泉義之 
2006.05.26.Fri / 19:35 
ドゥルーズの哲学―生命・自然・未来のために
ドゥルーズの哲学―生命・自然・未来のために小泉 義之

おすすめ平均
stars優等生の主張
stars良書
stars"本当のドゥルーズ"などありえない
starsドゥルーズの力強さ
starsドゥルーズの事を書いた本ではない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




終始筆者は批判的態度によって書いている。
時折その態度に嫌気がさした。しかしそれに反してとても読みやすく、ドゥルーズの哲学を知らない人でも読める内容になっている。

ただ、普遍数学の部分だけは別。
ドゥルーズといえば差異の哲学を構築したことで有名だけども、その中核をなす普遍数学の理論がかなり数学チックに書かれているため、この章だけは他の本によって補う必要があると思われる。

ただ、その他の章はとても分かりやすく書かれている。
フーコーの人間の終焉ではナチズムを取り上げながら、現人間の終焉と次に来る人間に代わる新しい生物への期待を差異の哲学を応用しながら論じていて、現代のテーマにぴったりだ。

また、ニーチェの部分では能動的にニヒリズムをとらえなおすために差異の哲学を応用している。ただ、この部分で使われている”超人”とニーチェが論じている”超人”では、その定義が少々異なる気がしたので注意が必要である。

超人とは
ドイツの哲学者ニーチェが提唱した、新しい人類のあり方である。ニーチェはその著『ツァラトゥストラはかく語りき』において、人間関係の軋轢におびえ、受動的に他者と画一的な行動をする現代の一般大衆を『畜群』と罵った。その上で、人々は自らの確立した意思でもって行動する『超人』であるべきであると説いた。(Wikipedia)


と書かれてあるが、本書で用いられている超人は各々が能動的に克服する存在ではなく、もはや人間という規定を超えた新たな生物を超人と呼んでいる。

この背景には人間という生物では良き未来を築き上げることは不可能だという考えがある。もはや人間という生き物からはあたらな可能性は出てこない。

このことより、遺伝子レベルの研究を進めるなどして誕生した人間を超えた超人こそが、このニヒリズムを克服してくれるだろうと唯一希望を持てるものになるわけである。

その超人への希望こそがニヒリズムを克服するものであり、そのために何をしなければいけないのかを考えなければならない。


スピノザの部分はやや卓上的理論の印象。正しいことを言っているのだけれども、好意的に賛同はできない。人の感情を軽視しすぎている気がした。


本書はドゥルーズの哲学というよりも、ドゥルーズの哲学を応用し、現代の諸問題へ新たな問題提起をするための本である。他のレビューにもあるように、ドゥルーズの哲学自体を学び取りたい者に対しては、本書はそれに答えないものかもしれないが、ドゥルーズに関わらず、生命倫理や自然観をもう一度見直したい方には是非ともおすすめできる一冊。


====
よければ、応援クリック!!よろしくおねがいします。

記事の評価もいただければ幸いです。
このブログを評価する

1クリックおねがいします。
スポンサーサイト
第24回政策・情報学生交流会開催!
2冊目:科学の方法 中谷 宇吉郎 
2006.04.27.Thu / 23:52 
科学の方法
科学の方法中谷 宇吉郎

岩波書店 1958-06
売り上げランキング : 34,688

おすすめ平均 star
star科学とは「自然と人間との協同作品」である、つまり人間臭い側面が必ずある。
star科学者の本音、人間の本音
star「科学」って何だろう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



-科学とは何なのか。

現代の科学技術社会にとって、この問いは非常に大切なものとなる。
私たちは、ときに科学に対し絶対的な価値を求めがちだ。

「DNA鑑定により、本人であることがほぼ間違いないことが分かった。」

「アスベストが癌発病などと因果関係であることことはほぼ間違いないのではないか。」

巷では、科学があたかもそこに絶対的真実を映す鏡のような扱いをされるが、科学もまたひとつの見方だということを忘れてはいけない。科学は絶対的ではなく、あくまでひとつの見方である。社会は常に何らかの基準を必要としており、それが”今は科学である”、だけではないのだろうか。もう一度この長い人類の歴史を振り返ってみてほしい。科学が世の中のおおまかな基準になったのなんて、ほんの数世紀前からだ。いつまで続くかも分からない。

さて、本書はその現代人の科学観を危惧し、再度科学を見つめてもらうための本といえる。1958年に刊行されたにも関わらず、2000年を超えた今現在でも56刷を超えるベストセラーとなっている名書だ。

50年も経過した今でも刷っているということは、言い換えれば50年もずっと常に必要とされてきた証拠である。50年というと日本が終戦してからの軌跡とほぼ等しい。日本はそれでこそ今や科学技術大国となったが、その成長の影で常に現代人に対し、その科学観を見守ってきたのだろう。

科学でできることは何か?
科学でできないことは何か?
科学の本質とは何か?

ときに私は文系の大学生だが、それも影響してか科学に対し何か絶対的なものを期待してしまう時がある。テレビ番組の推理番組にしても、DNA鑑定や筆跡鑑定は100%であると思っているし、科学を使えば少なくとも社会学でやるような真理よりも何か絶対的なものにたどり着けると信じてしまう時がある。

もちろん実際に科学はそう思わせるくらい、我々を豊かにしたのだが(少なくとも物理的には)、それに対し常に正しい目を持つことは大切だ。

この本では常に、「科学が進歩するにつれて、世の中が解明されていくとは思ってはならない」ということを強調している。今日の科学の進歩は、いろいろな自然現象のなかから、今日の科学に適した問題を抜き出して、それを解決しているとみたほうが妥当である。

例えば、科学の世界ではたくさんの法則があるが、これはあくまで人間がつくったものであり、使うのも人間であることを理解しておく必要がある。何が言いたいのかというと、法則はけっして世の中を解明した結果ではなく、人間が見た世の中の中で広く適用されるもの、それが法則であって、また、人間にとって使いやすいものであるということを知っておかなければならない。

法則はHOWを説明するものであって、WHYが抜けているものがほとんどだ。
例えば、万有引力で有名なニュートンの法則があるが、これは非常に多くの分野で使われている考え方である。それほどこの法則の適用範囲は広い。しかしながら、”なぜそうなっているのか?”という疑問には答えることはできない。なぜなら物理はそれを必要としないからだ。むしろ、WHYとは社会学系が得意とするところで、様々な宇宙論が出ていることからもそれが伺える。

ただ、これらのことは科学が使える範囲、使えない範囲を知っていれば出ることもない疑問かもしれない。最近、複雑系科学の本を読めば読むほど、私は科学に絶対的なものを期待してしまうが、こういった人ほど、なるほど科学の限界というものを知らない。

問題なのは科学ではなく、常にそれを使う人間側にあるということは肝に銘じておかねばならない。一歩間違えば50年前のような出来事が繰り返されてしまう。


誰にでもおすすめできる本です。

▼重要なキーワード
科学の基本は統計的手法
かたちに対する科学
測度の精度の限界
要素と全体
科学とは「自然と人間との協同作品」

====
よければ、応援クリック!!よろしくおねがいします。

記事の評価もいただければ幸いです。
このブログを評価する

1クリックおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
1冊目:「複雑系-科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち」M・M・ワールドロップ 
2006.04.16.Sun / 02:05 
今年度は積極的に書評を書いていこうと思う。たぶん結構な頻度で間違ったことも書いていると思うので、そのときは僕のためにもコメント、メールなどで指摘してくれるとありがたいです。非常にありがたいです。


複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち
複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たちM.ミッチェル ワールドロップ Mitchell M. Waldrop 田中 三彦

おすすめ平均
stars知的ブレイクスルー
stars衝撃的
starsこの本は、一種の「啓示」です。
stars読まないと損!
stars現代の技術パラダイムを問う科学論

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



複雑系と聞いたとき、まず思い浮かんだのが私の学部のことだ。
私の学部は多様な学問を網羅し、それら多くの知識構造を政策に生かすことで、多面的見地から物事を解決することを目的としている。しかしながら現状を見ると、異なった学問同士をいかにつなげるかの方法論がまだ確立していない、言い換えれば横断的な知の統合をなす哲学が出来上がっていないといえるかもしれない。(私個人の推測だが。)。
ただ、戦後(?)急速に横断的な知というものが叫ばれてから50年、我が学部が誕生してから10年余りという短い歴史を考えると、まだまだこれからだというのが大方の意見だろう。

さて、本書は非常に好奇心をかきたてる構成となっている。ベストセラーになったのも頷ける。内容は、複雑系の発信地サンタフェ研究所を巡る科学者たちのドラマとその複雑系理論。ややコンピュータ・シュミレーションに偏っているかもしれないが、それは複雑系で扱う多くの分野を横断的に扱うことができる手法だからだろう。経済学から物理学、コンピュータ・サイエンス、遺伝子生物学、…まで幅広い分野、それもその分野では最高峰の研究者たちが登場し、当然のことながら彼らが語る複雑系には何度も気分を高揚させられる。

文系の私にとって、かなり難解な理論が展開されたので、正直、”複雑系”についての理解は別な入門書に頼ったほうがいいだろう。ただ、複雑系をはじめるきっかけとしては全然十分な内容で、特に読み手のモチベーションを上げる文章のうまさにはお手上げ状態である。

本書で特に印象深かった概念は、自己組織化とロックオン、収穫逓増。
自己組織化とは、生物のように他からの制御なしに自分自身で組織や構造をつくり出す事をいう。 自発的秩序形成とも言いう。(Wikipediaより)
一般的には生物、化学の分野で使われているが、それを経済学にも応用したのが新しい。例えば、1980年代、コンピュータ業界にはMacOSとMS-DOSという画期的なOSが出された。性能では明らかにMacが勝っていたため、研究者たちはこぞってこれを使い始めたが、Macは互換性がなかったため、一般の人にはなかなか受け入れられなかった。対してWindowsは一般の機種でも使えるようにした結果、後者が勝利したのである。この結果、それまでパソコン業界はランダムな状態だったが、マイクロソフトが標準規格となることで、各種ソフトウェアもそれに準拠し、秩序化されたのである。これを経済学の自己組織化してみることもできる。すなわち混沌とした中でも、確実に秩序が保たれる状態へと向かっていく。

また、ロックオンという考えも面白い。
古典経済学では、収穫を増やせば増やすほど、その単位あたりの効用は減るので、収穫逓減の法則が成り立つ。例えば、ブランド物なんかはその典型で、その量が増えれば増えるほどその価値は下がっていく。しかしながら逆の現象も存在するのは確かである。例えばさきほどと同じような例と出すと、iPodの成功はまさにそうだと思っている。確かにiPodは優れてはいたかもしれないが、現在のような市場を8割も制するような力を持っていたかどうかは疑問である。思うに、iPodが出現するまではMP3プレイヤー市場は混沌としていたが、iPodの戦略によって、他の音楽プレイヤーよりもほんの少し多く持つ人が増えたからこそ、さらにitunesによって、さらに持つものが多くなり、持つものが多くなったからこそ、さらに買う者が増え…という構図が出来上がったのである。すなわち、iPodというものにロックオンされ、それを中心に秩序が回りだすと、収穫逓増という現象が発生する。「もてる者、さらに与えられり」なのだ。

とりあえず、まだまだ理解が足りないので、ここらへんで複雑系を語ることはしない。もう何冊か読んだら、もっと複雑系に関するレビューを書こうと思う。とりあえず重要なキーワードだけ列挙。


収穫逓増の法則
ロックオン
複雑適応系
オートマトン
クラシファイア・システム
創発
自己組織化
自己触媒セット
カオス
カオスの縁と自己組織化臨界
エージェント
人口生命


この本は非常に良書だ、と思う。
少なくとも大学生になってから、これほど面白い本は読んだことがない!!

====
よければ、応援クリック!!よろしくおねがいします。

記事の評価もいただければ幸いです。
このブログを評価する

1クリックおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
| BLOG TOP |

Ad

PROFILE

.tak

  • .tak
  • 東北地方の田舎大学に通う20歳。

    "常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである"

    常々、常識が欠けていると実感する毎日です。
  • RSS
  • 管理者ページ

SEACH THIS SITE..


Banner

下のバナーをクリックするとこのブログの人気がちょっぴり上がります。そのちょっぴりの優しさが管理人をやる気にさせますm(__)m
1票入れる

1票よろしくおねがいします。


CALENDER

≪ 11 | 2016/12 |  01 ≫
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

LINKS

iroiro…

可愛がってください◎
メロメロパーク

CopyRight 2006 あぁ人間的、あまりに人間的 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。