ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2005年10月の記事一覧
≪09month
This 2005.10 Month All
11month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第24回政策・情報学生交流会開催!
岩手県立大学大学祭兼総合政策学部オープンキャンパス開催のお知らせ。 
2005.10.29.Sat / 07:25 
また新しいブログが上位にキタ。ドンドン落ちていく…コロコロ。

多数のご来場ありがとうございました。
当日は模擬講義をはじめ、多くの方々にご来場いだだき、スタッフの方ととしても感謝でいっぱいです。
来年も開催しようと思っているので、よろしくおねがいします。

11月24日
.tak


ちょい、遅くながらも告知させてください!
岩手県立大学総合政策学部オープンキャンパス


普通のオープンキャンパスは上主導のものなんだけれども、これはうちら学生が主体となって企画したものなので、今回が始めての試みだし、とても面白い物に仕上がっております。

特に僕が担当したインタビュー映像は他大学の学生がみるとかなり面白いと思います。大学長から新入生までが総時間80分以上をかけて、うちの学部について語る。なかなか学生が熱く語る場面が少ないだけに、日頃大学に対し、フラストレーション溜まっている方にはいいかも。

その他にもいろいろあるけれども、「体験講義」は絶対に受けるべきだね。
面白い先生たちだから、高校生から大人の方まで楽しめると思います。



…ということで、いいかげんな文章で悪いのですが、興味あったらきてね~。



ちなみに29日の「じゃじゃじゃTV」に出演する可能性が高いので、お暇な方はテレビをご覧下さいませ。寝ぼけ眼の僕を見ることができるかもっ!

さらに、さらに、26日の岩手日報の夕刊に僕の投稿記事が掲載されているので、それもご覧あれ~。









うん。

告知するの遅すぎだねw


映像編集の書き出し時間の空き時間に告知してみました。



以上っ!



もしよかったら、1票おねがいします
1クリックすると管理人.takさらにかっこよくなります♪
1票よろしくおねがいします。
スポンサーサイト
第24回政策・情報学生交流会開催!
かっこよくナッシング恋人♪ 
2005.10.21.Fri / 03:07 
また新しいブログが上位にキタ。ドンドン落ちていく…コロコロ。

10月上旬位から、毎日帰るのが23時以降な日々です。大学祭の準備が……ゲホッゲホッ。現在大学です。

少し「です・ます」調に無理が出てきたので、普段通りのブログに戻ります。


突然なんだけども、自分の姿を確認できる方法って案外限られているんだね。ふとそんなことを思ったよ。

鏡、水面、窓ガラスの反射…etc。
普段何気なく毎朝鏡で自分をチェックしたり、トイレで手を洗いながら自分の顔をみたりしているけれども、鏡以外に明確に自分の姿を確認できる方法って実はないんだよね。カメラとかの手段もあるけれども、それはデジタル化の自分であって、何か違う気がする。

やっぱり自分の姿をオンタイムではっきりと確認する方法は鏡だけなのかな、と思う。

そうなると、昔の人はどうやって自分の姿を確認していたんだろう?という疑問になる。かなり昔から鏡は重宝されてきたけれども、ここでいう「昔」は鏡のない時代。

明確にいつからということはできないけれども、弥生時代とかその辺のころはもしかしてなかったんじゃないかな。おそらくこの頃は自分の姿を確認する必要がなかったわけだ。

==

容姿ではなく、「自分がどういう人か?」という問いに対する答えは他者との関係からでしか生まれない。

例えば無人島で一生を過ごすことになったとき、果たして自分がどういう人なのかを知ることができるのだろうか?まず曖昧ではあるけれども、だいたいの一般的基準も分からないし、あるいは自分を「人」として認識することも不可能に近い。そして何より、「自分がどういう奴か?」という疑問も生まれない可能性も出てくる。そうなってくると自分がナニモノであるかを問う必要性がない恐れもある。それは他者という存在がないからだと思う。

でも、今僕たちが暮らしている世界ではそれが常につきまとう。


「ねぇ、ねぇ、あの人、私のことどう思っていると思う?」

『女にモテル10の法則』

「俺とお前は笑いのツボが合うね」


「自分」といったときに、もちろん自分の体に宿る意志総体をさす事もあるが、このような状況をみていると、「自分」は他者を介さないと分からないし、むしろ他者との関係をも含めた全てのものを「自分」ということもできる。

ということは他者を知ることは同時に自分を知ることにつながる。

他者は自分の鏡だ。

==

1年前くらい、オンラインゲームにハマっていた時期があった。

そこでは自分の仮想キャラクターを操り、モンスターと戦う。また、現実に存在する他者の仮想キャラクターと交流をしたりすることもできた。僕が「今日天気悪いね?」と仮想キャラクターを介して、別の仮想キャラクターに話しかければ、普段の会話と遜色のない会話が始まる。

この仮想キャラクターは僕の化身であり、「ゲーム」という限定条件を除けばその全てが僕の複製になる。僕がモンスターと戦おうとすれば戦うし、ゲームの中にいる別の友達と話そうと思えば話せるし…。

ということは、こいつも僕の鏡だろうか。
少し考えたが、どうもそうではない気がする。いや、そう考えてはいけない気がするのだ。

理由を色々と考えたが、どれも決定的な理由にはならなかった。

==

最近、会う人、会う人から「前よりかっこよくなったね!」と賛辞の言葉を投げかけられて、少しうれしかったりする。

いや、ものすごくうれしかったりする笑
(注意してもらいたいのは、「以前よりも」という条件がついている点。別にかっこいいわけではない。残念。)

そこでなぜかっこよくなったのかと少し贅沢な悩みを抱えたわけだけれども、最近になって少し答えが出てきた。

僕は「自分」と表現するときは、「体の周りの意志総体の関係性をさす」的な考えよりなんだけれども、この立場にたつと、自分がかっこよくなったのではなく、あくまで僕の意志を含めた意志総体の一部がかっこよくなったことを指しているんじゃないかな。

つまり本当に簡略的に言うと、「周りとの関係性がかっこよくなってきた」ってこと。(本当に簡略化…)

例えば、自分の周りにいる「最近可愛くなってきた人女の子」を思い起こして欲しい。普通、その女の子を見ると、若い人ならば「彼氏でも出来たんじゃないの?」という考えがよぎる。こんな単純な考えを言い換えると、「アノ子の周りにある、意志総体の一部との関係性がよくなって来たんじゃないの?」と置き換えることができるのではないかと。

つまり、僕がかっこよくなった原因は周りの友達との関係性のプラス変化を差すのではないかという結論に至ったわけです。

そう考えてみると、最近今までの数倍の絡みで話すようになってきた人もしるし、むしろ昨日誕生日を迎え、研究室でパーティをしていた友人・Kをはじめとして、周りにいる多くの人たちがかっこよくなっている。

その彼らの一部が僕であり、僕も彼らの一部。

だからさ、僕はかっこよくなってきたらしいけれども、それはみんながかっこよくなっているからなんだよ。うん。偽善者ぶっているわけじゃなくて、本当にそう思う。


ってな、わけで今日の記事は以上で終わり。


でもね、言いたいことが一つあるんだ。
こんなにも「関係性がかっこよくなった」、「関係性がよくなった」と連呼しているんですが、





































どういうことでしょうか、奥さん?

彼女募集中ですw


需要供給バランスが悪くても、自ずと均衡点にそれらは向かっていくのだ♪



もしよかったら、1票おねがいします
1クリックすると管理人.takさらにかっこよくなります♪
1票よろしくおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
* テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛 *
電機カップル。 
2005.10.17.Mon / 16:14 
じわじわと上位ブログとの差が…

ご存知の通り、僕のバイトの主流は電機店での電化製品の接客業と地元テレビ局の中継補助のバイトです。

今日は前者の接客業をしていて感じること。


まず、電機店っていうのは、PCとかデジカメとか最低でも3万くらいから始まり、100万近くのものまであります。だからここへ来る人の大半は自分の生活に少し制限をしてお買い物をするのが普通です。

例えば、3万円のデジカメを買いにきたけれども、いざ来てみると4万円のデジカメが欲しくなってしまった場合、その1万円を生活の中からどう落とそうかと普通の人は考えます。

『そういえば今月の電気代少し高かったなぁ。』

『明日買う予定だった、ジャケットを少し我慢しようかな。』

『貯金いくらあったっけ?』

『今の生活の中で、この1万円の差の機能が必要だろうか』


このように、たいてい大きなお金の使い道を考えるときは、自分の環境制約なりを考える。
ゆえに電機店は自分の生活と向き合って考える場所でもあります。偽りは通用しない。

==

僕はお客さんの中でも恋人連れを眺めたり、話したりするのが好きです。

そこで、なんで好きなのかを考えると、まず最初にくる理由は、おそらく幸せオーラがプンプンしているからだと思う。

ただ手をつなぎながら無言で商品を見て回るカップル、お互いにありのままの文句を言い放ちつつの漫才カップル、etc

いろんなスタイルがあるけれども、その根底にある「二人だけの空間」というものを感じざるを得ない時が多い。

さっきもいったように、電機店では自分の生活と向き合わなければいけない。そのときに一緒になって真剣に考えてくれる人がいるというのは幸せだし、別な角度から言うと、相手の生活を知っていないと出来ないことでもあります。

だから、この電機店で一緒に商品を選ぶカップルっていうのは、ほとんど相手のことを知り尽くしている、言い換えれば恋人として成熟期にあるか、婚約しているとかの場合が多いです。

だから、ここにくるカップルはいわばカップルのお手本みたいな感じ。

ということは、彼女がいない僕としてはこのカップルたちからできるだけ多くのことを学ぶことが後々につながるわけです。

ということで、この通称”電機カップル”から気づいたことを書いていこうと思います。


それはまず服装に謙虚にあわられます。服装のスタイルが似ている場合が多いのです。二人とも黒ジャケットを着た綺麗系のカップルとか、GAPスタイルのカップルとか、二人ともストリート系とか…。とにかく「二人の雰囲気が似ている」という印象を与えるカップルが多いです。逆にスタイルが違えども二人並ぶことで、色あいとかがマッチングするカップルも同じです。

そこで僕はまずこう結論つけます。

『カップル成功の秘訣は服装だ』と。

そういえば、僕の知っている息の長いカップルの服装は似たような感じの人が多いです。カップル二人で歩いている姿を見ると、お互いの色がマッチングしている場合が多いしね。というよりは、少なくとも全然別の服装スタイルのカップルが長く続いている事はまれのように思えます。


さて、次に気になったのが商品選択する際の態度です。

電機カップルを見ていて思うことは、けっして片方の見解だけでは商品を決めないということです。

必ず二人の意見を考慮した商品を買って行きます。

例えば以下のような状況。

男が商品を決める。
→女が男の選択に対して否定見解
→男かなり譲歩した選択をする
→しかし、男は意外なところでこだわりをみせ始める
→女がそれに対して口を出す
→今度は譲らない男
→「またいつものこと、好きにしなさい」とあきれかえる女
→商品決まる


この一連の取引は、けっして商品選択だけに収まらない思います。商品を媒体としたこの取引の先に見えてくるのは普段から相手の意見を聞きつつ、自分の意見も言うという素直な関係です。

ただ、男性側の考えに偏るか、女性側に偏るかは、その関係によってまちまち。

つまりここでいいたいのは、

『電機カップルはお互いを尊重している。』です。



さて、とある結婚情報誌のアンケートによると、30代以上の人たちが相手を選ぶ際の条件の1位は『価値観』だというデータをどっかでみたことがあります。あの、いろいろな恋愛を経験されている「大人」の方たちが、一番重要視しているのです。

それを考慮にいれると、服装も一種の自分価値観の表現だし、さっきのお互いを尊重できるか否かも相手の価値観を尊重できるか出来ないかに置き換えることができます。

というわけで、あんまり役に立つ記事でもないけれども、
いいたい事はただ一つ。




























































とりあえず、電機店行くべしっ!!

単価の高いパソコン売り場がオススメ☆


もしよかったら、1票おねがいします
1クリックすると管理人.takがPCみながら微笑むでしょう。
1票よろしくおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
* テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛 *
NPO論の課題 
2005.10.15.Sat / 15:41 
理工学部生のノロケ話が面白い♪


今日はうちの学部生の3人に1人くらいの割合でとっていると思われる(.tak統計)NPO論の授業の宿題について。


宿題の課題は見ていないんだけれども、みんなの話を聞く限り、以下のような課題みたい。ちなみに僕は別の講義をとっています。



あなたがNPOをやるとしたらどんなことをするか。
そしてそのNPOの名称・活動内容を「N」「P」「O」の頭文字に当てはめて答えよ。


といったところです。
NPO論の第一回講義だったこともあり、最初の課題はこんなものです。
ユニークで面白いし、かつNPOへの意識を啓発するには良い課題だと思います。

さて、そういうわけで一昨日はNPO論をとっている友達と1時間以上しゃべりながら一緒に頭をひねったよ。といってもほとんど雑談なんだけど。。。でも二人で何気なく話しているだけでもネタはどんどん転がってくるところが何気に面白かったりする。特に友達は地域政策に興味のある子だけども、僕は経営、経済分析とかのほうに興味があるのでいい具合に同じ考えが出てこないw
これこそがうちの学部の醍醐味だね。みんな別々の興味分野を持っているから色んな考えを聞けるし、色んな人がいる。

ちなみにNPOというのは、社会には必要とされているけれども行政サービスでは補えない部分をカバーするための組織のことです。だから運営最小限の利益は求めるし、決して無償サービス=ボランティアでないことに注意。

さて、そこで本日僕はNPOとっている人に片っ端からNPO論の解答を聞き回りました。といっても紹介するのは4つ。あとは忘れてしまった。

その結果、出てきたのが以下のようなものたち。

■人口減少に悩み、住む人を誘致したい田舎の市町村と、Iリターン、Jリターンを考えている都会の人々を斡旋する仲介業のNPO。

■隣人との結びつきが弱まる中で、もう一度昔のような結びつきを強めるために「おばあちゃん」を象徴にした啓発活動的NPO。

■プールが少ない内陸の市町村を対象とした、プール施設の地元住民への参加を呼びかける啓発的活動NPO。

■消防団と商店街との結びつきを強め、消防団を発起とした地域住民のつながりを強める活動をするNPO


若干、最後の4個目が理解不足のため、間違っていることを書いている可能性があります。ちなみに僕は保守的な考えよりも面白い考えしか記憶に残らないタイプです。そこんとこご了承ください。

本当に色々な考えに出会えたけれども、やっぱりNPO論自体が地域政策に興味のある学生を対象としているだけに地域住民のつながりとかのものが多かったです。



さて、そこで問題となってくるのが、僕の解答。

もちろん考えましたよ。
まじめに考えたよ。
NPO論とってないけど考えたよ。










■研究だけに熱意を注ぎ、研究室に閉じこもっている大学の先生方の頭をもっと広く活用することを目的とした、大学の先生専用の人材派遣会社。






きたんじゃないですか。これ?


内容はいたって簡単。

市町村の自治体では、「専門的な知識を要する人が欲しい。」「市町村の職員だけで考えた企画について、専門家から一言意見をもらいたい。」のような、専門家を必要とした際、現状では金銭面の関係やらコネクションの関係やらで、あきらめていたと思うんだけど、その需要に答えるべく、このNPOにあらかじめ登録してある大学の先生を短期派遣し、需要を満たす。

大学の先生方にとっても自分が社会貢献できていると身近に感じる場であるから、結構好評になるんじゃないかな。特に卓上でやる先生は直接的に社会貢献を感じられることが少ないしね。
大学にとっても、それで仲介料が入ったり、先生が社会的に活躍してくれればメリットありだしね。


ただ問題として、「本当に市町村で需要はあるのか」っていう現状把握の部分ができていません。だからあくまで仮想モードというわけ。あとは大学の先生と大学の契約協定の中身や、分野ごとの需要が異なる点なども気になるところ。加えて、研究することの”社会貢献性”と、派遣業をすることの”社会貢献性”に謙虚に現れてくる、”社会貢献性”の定義の異義も問題だったりします。


ちなみにNPOじゃなかったら、テレビ局にも派遣するような会社目指しますよb




ところで、もちろんこのNPO組織の活動を「N」「P」「O」で表現したよ。











































N(Non!!)


P(ポイ捨て)


O(おいしい頭をお持ちの先生方☆)

限りある資源を有効に。
寿命のある人材をさらに有効に。


もしよかったら、1票おねがいします
1クリックすると管理人.takがPCみながら微笑むでしょう。
1票よろしくおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
* テーマ:学校生活での出来事 - ジャンル:学校・教育 *
勝手にブラウザの展望を見てみた。 
2005.10.12.Wed / 20:58 
やっぱり理工学部生の日記は面白いわけで。

先日、いつものようにブログのアクセス解析を何気なく見ていたら、先月までと大きく異なる部分が一点発見されました。


閲覧者の使用ブラウザです。


先月まではインターネット・エクスプローラー(通称:IE)のシェアが9割近くあったはずなのに、大きく10%も下げている。おそらく様々な要因が絡まってこういうデータが出たと思うのだけど、少なからずとも最近の「IE離れ」を指摘せずにはいられなくなった。

以下が過去3カ月のブラウザの統計です。

▽2005年8月



▽2005年9月



▽2005年10月



※9月の統計データは、アクセス解析ツールのサーバーダウンにより、一部データが分からなくなっています。このため、今回は8月分と10月途中分までを比較検討してみたいと思います。


まずデータですが、ブラウザのバージョン情報によっても分かれているため、少し分かりづらいです。そのため、ブラウザごとのシェアを簡単にまとめてみました。


▽8月
IE:94.13%
Mozilla Firefox:2.47%
Opera:0.49%
Netscape:0.19%

▽10月
IE:84.49%(▲9.64%)
Mozilla Firefox:6.43%(△4.04%)
Opera:3.47%(△3.02%)
Netscape:1.87%(△1.12%)
Sleipnir:0.1%(-)

このデータから分かることは、IE以外のブラウザの勢力が強まってきているという確かな情報です。特にOPERAブラウザが大きく台頭しているのに目が話せません。8月の時はわずか0.5%あまりのシェアが、たった2カ月で3.5%近くまで上昇しています。

もちろんこれは、オペラブラウザの広告が排除されたことによる効果でしょう。実際、10月のブラウザランキングではオペラの最新版8.5が4位にランクインしています。こいつだけでオペラ全体の半分の上昇を支えています。

しかし不思議なのがFirefox。
夏休みの間に特に新しいバージョンが出されているわけでもないのにシェアは上昇しています。

ここからは憶測になるけれども、オペラの完全無償化、スレイプニルの台頭などが重なって、IE以外のブラウザにユーザーの目が向かれてきているのではないかな。つまり、Firefoxはそれほど目新しいことはしていないけれども、「IE以外のブラウザの盛り上がり」の相乗効果が働いているものと思います。

また、最近のマイクロソフト製品はウィルスの標的になりやすいというのも大きな背景かもしれません。(最近はFirefoxも狙われてきているけれども)

いずれにせよ、IE以外のブラウザとしての地位を固めつつあった「Firefox」に加え、「Opera」や「Sleipnir」などのブラウザもユーザーに受けいられつつあることが、結果的にIE以外の選択肢を増やし、IE離れをさらに加速しているものと僕は見ています。

ちなみに僕はIEを使ってはいませんが、IE兼FirefoxベースのLunascapeを愛用しています。。
少し重いんですが、IEとGackoエンジンを使い分けれるし、マウスジェスチャ機能、ショートカットキー機能が優れているので気に入っています。
漫画喫茶とかに行ってもわざわざLunascapeをまず最初にダウンロードするくらい好きなんですw


==

少し話は変わるけれども、みんなはどういうスタイルでネットサーフィンしているんだろう。

僕のネットサーフィンは、たいてい2つ以上のサイトを同時に見ます。
株価を検索しつつ日経ニュースをみたり、文献を見つつgoo辞書を活用したりなど…。昔はひとつのサイトを見終わってから次のサイトに向かっていたけれども、今は全く違います。

だから、正直言って、タブ型じゃないと不便極まりない。
IEで2つのサイトを同時に見ようとすると、どうしてもウィンドウを調整したり、いちいちウィンドウのレイヤー順番を変えて見ないといけない。これだとマウスを動かす範囲も広くなるし、ウィンドウが5つとかになると、呼び出すのが面倒になる。

そう考えてくると、二つ以上のサイトを効率よく見るためにはタブ型ブラウザになるのは必然に思えてくる。でもあるいはタブ型だからこそ二つ以上のサイトを同時に活用していく方法が見についたのかもしれない。

ネットサーフィンのスタイルの変化とタブ型ブラウザの登場、どっちが先かを議論するのはナンセンスだけど、少なくともネットサーフィンのヘビーユーザーにとってIEをそのまま使うというのは選択肢に入る余地はないように思われます。


でもネットサーフィンのスタイルの変化によって、このままブラウザ市場がにぎわっていくかには多くの疑問が残ります。

まず第一に、あまりにブラウザが乱立するとサイトの互換性が低くなり、本来の目的とのパラドックスが起こるという問題点、第二に既にGoogleを初めとした何社かはブラウザを介さないWEBプラットフォームの構築を準備しているという点です。

あまり詳しくないので、ここでとどめるけれども、特に第二の点から今までのようにバージョンアップを繰り返しているだけのブラウザでは、そろそろ限界が見えてきたような気がする時があります。機能と軽快製のバランスも両者のいたちごっこが続くだけで、ほとんど軽快製が向上しない。

例えばWindowsとの連携を強くするとか、ユーザーの好みに合わせてサイトを表示するだとか…、Web閲覧だけでは満足しないユーザーがそろそろ出てきてもおかしくないように思えて仕方がない。


サイトの存在が「見る型」から「参加型」への変化、「適当に」サイトを巡回する時代から「好みに合わせた」サイトを巡回する変化など、WEBを取り巻く状況は大きく変わっていくんだろうけども、その中でブラウザがどう生き残っていくのかがこれからの見所だと勝手に期待している日々です。

ちなみに次期IEはタブ型だっけ?
大きな変化。

もしよろしければ、以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。クリックすると、このブログが人の目に触れやすくなります。
1票よろしくおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
* テーマ:ブラウザ - ジャンル:コンピュータ *
週末の動き。 
2005.10.11.Tue / 11:36 
やっぱり理工学部生の日記は面白いわけで。

今日はグダグダな記事。

先週末はバイト。

■土曜日。
地元放送局の中継バイト。
カメラさんの後ろについてケーブルとかを回す仕事なんだけど、カメラさんの動きを完全把握してなかったため、テレビに映ってしまいました。。ショック。おそらく土曜日の午前にやるアノ番組を見ていた方には僕の無様な姿を晒してしまったことでしょう。

ってか、デパートでの中継だったんだけれども、人が混雑していて本当にやっかいだった。カメラの周りにいるお客さんに「すいません、生中継のカメラ来ますので、少々脇のほうにおねがいします。」とか「足元ケーブルありますので、ご注意くださいませ。」と言ってひたすら頭を下げる。

ある意味、某電気店の接客バイトよりもやりにくかった。
二度とこの場所ではやりたくないと思ったけれども、一番経験地稼げる場所だ。

とりあえず残ったのは疲労感と金。


■日曜日
釜石シーウェーブスという地元ラグビーチームの試合を見に行く。
釜石のチームは昔は日本一の常連チームだったんだけれども、スポンサーが変わってからは、現在低迷中。でも今日は弱小チーム相手だったこともあり、勝った♪

ってか、テレビ実況の人がしきりに「あのV時代に比べて…」と比較してばかりで、耳障りこの上なかった。
せっかく上位リーグにあがるべく選手たちががんばっているのに、何をしても過去の日本一時代のチームと常に対比された事を言われたんじゃたまったもんじゃない。確かに昔のチームと比較し、選手たちを奮い立たせるのはいいけれども、プレースタイルからキックまで、何から何まで比較するのは間違いだよ。本当に実況を聞いていてイライラした。

部活引退した奴が、いつまでも後輩に向かって「俺たちのいたころは…」と言っているようなもんだ。昔のことは昔のこととどこかで割り切らないと…。

そういえば、とある漫画でも似たようなセリフがあった。
「あなたも私もずいぶんと過去のことに引きずられていたみたいね。」だったかな。今まで少女漫画を書いていた漫画家が、思い切って今までの路線と違った漫画を描き、成功したシーンのラストに出てくる言葉。


その後、二日間のバイト代12000円あまりを携え、パチスロに行く。
自分ルールで5000円の予定だったんだけれども、もう少し時間をつぶさなきゃいけんかったから、1万投資する。

結果、1万損する。
というか、自分が席を立って5分後に戻ってきたらその席で大当たりが出ていた。

後で知ったんだけれども、僕がやっている間に出てきた演出が、高確率の当たり確定モードだったみたです。つまり当たり大確定のやつと知らずに大を切り替えてしまった。やっぱスロットは知識がないと太刀打ちできないですわ。ということで少しお勉強必要。

その後、夜はmiyaとYとを囲んで、いろいろやる。
詳細については、miyaの日記で。
「シューiceage」

ってか、最近miyaが彼女といい感じらしいので、そのノロケ話を聞いて盛り上がる。そんでノロケ話が終ったあとに「それで、.takお前はどうなの?」と聞かれる。


いや、とりあえず切実に彼女欲しいです、と。

今まで生きてきた中で、女と二人でクリスマス過ごしたことはない。
そうだよ、続かないんだ。

今年はどうなることやら…。
恐らく1倍に近い配当で、「オンリーロンリークリスマス」かな。

とりあえずそこらへんは意識しないで、がんばろう。


■月曜日
休日。
午前中にみんなで模擬店で作る料理の練習をしようと思ったんだけれども、体調不良のため欠席。前日の夜にmiyaとYとで一度作ったから、大丈夫だとは思うけど…。一体どうなったんだか。

僕は喘息が持病なんだ。この季節が一番シンドイ。親からも昨夜電話で「そろそろ喘息の季節だから、体気をつけるんだよ。」といわれたばかりだった。

というわけで病院にいこうと思ったけれども、金がなかったので、とりあえず自宅で水分を大量に補給して、部屋に暖房を入れて暖かくして寝た。これが長年体の弱い自分が身につけた治療の策。

夕方ころ起きたら、大量の汗とともに熱は下がっていたけれども、喉から肺にかけての感覚が重いので、軽い肺炎気味のよう。火曜日は講義に出つつ、大学の保健センターに行って薬をもらえばタダで済む。というわけで大学に行こうw





まぁ、そんなこんなな週末でした。

そういえば最近気になっているんだけれども、一体何人の知り合いがこのブログを見ているんだろ。特に同じ大学の人。
大学祭のメンバーは結構見ているし、交流会メンバーのほとんども知っている。問題は普通に「大学生」という結びつきだけでの友達の方々。

一番困るのが話すとき。
ブログをいつも見てくれている人たちには、ブログに書いていることの延長戦にある話題にしたり、ブログに書いていない話題にしようと努力はするけれども、それ以外の人には普通にブログに書いてあることを話すことが多々ある。

それで、もしこの中にブログを読んでいる人がいれば、その人は退屈な話を聞いていることになる。だから、最近は「僕のブログ読んでるんだっけ?」とか聞く。

本当にブログに書くという作業は大きい。
書いたことは大抵記憶に残る。

だから、自ずと友達と話すときの切り口の話題もブログで扱ったネタに行きやすい。覚えていることから次々と口を出て行くから。




というわけで、僕と話すときは「ブログ読んでいるよー」とか言ってくれるとありがたい限りです。


あぁ、グダグダな記事だw

▼応援ありがとうございますm(__)m
1票よろしくおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
ねぇ、顔文字じゃなくて、もっとホントの笑顔見せてよ。 
2005.10.09.Sun / 11:22 
夏の終わりとともに、上位ブログのネタも変化する
【お知らせ】
先日の5万ヒットは、一番近かったGさんにあげたいと思います。
Gさんのアドなどが分からないので、これをみたら、メールくださいませ~。>Gさん
===

いやぁ~、まいった。







参りました。







ほんとうに参りました。





小田さんよりも「甘~い♪」




http://blogs.dion.ne.jp/distorted/

今年読んだブログの中で間違いなく五本指に入るクオリティだ。




このブログは脱帽もの。
是非一度読んでみて。


僕は過去ログを全て読み、一人でずっとニヤニヤしていました。
だって、本当に想像力豊かなブログなんだよ、仕方ないです。


最近恋愛から遠ざかっている.takですが、これを読んでいたら無性に恋愛がしたくなってきた限りです。「したくなってきた」というよりは恋愛という「状態にいたくなってきた」と表現する方がいいのかな。とにかくこのブログを読むと、このブログ管理人さんの想像力に驚かされるとともに、恋愛の心をくすぐられます。

ただ、「恋愛」はしたいけども自分でも困るくらい「対象先」がないもんだから、気長に探し中どす。ただ、対象を探しているというよりは対象先を定めるための基準、つなわち自分を探しているという感じが強い。

うん。恋愛のことを上手く言葉で表そうとすればするほど汚くなる。

だからこそ、さっきのブログは凄いんだ。





…という、前置きで、今日の記事は始まります笑



一昨日、KさんとMと一緒に外でたそがれていたら、なにやら白いものが空から降ってきた。それで、3人で「何だろう?」と思っていたら、Kさんが「ひょおおおおおおお!! ケセラン・パサランだヽ(゜▽゜)ノ」と叫びだした。


ケセラン・パサランとは…


なにやらこのケセラン・パサランを見つけると幸福になれるみたい。
前に週間ジャンプでやっていた「ぬーべー」という漫画では、1つのケセラン・パサランにつき、ひとつの願いが叶うというストーリーだったのを覚えています。

ということで、僕は少し願いを唱えるために頭に願い事をイメージしようと思いました。

















恋愛





単位





卒業







進級













(´д`;)







欲望の塊。








幸せと欲望の実現はイコールではないことを分かっているはずなんだけども、「目に見えるもの」しか思い浮かばないのが悔しい。。。




ということで、ささやかな願いにしておいたっす、隊長。




「彼女と一緒にいられる時間をください。」と。

(Girl frend ではなく、sheのほう。)






明日は早朝から夕方までバイトなので、文章の抽象化作業に時間かけてない。

うん。ようはあのブログをみんなに紹介したかっただけw
ちなみにどれもこれも心に突き刺さる記事ばかりなんだけれども、記事全文を暗記した記事↓

==
「にんげんだもの」

ねぇ

顔文字じゃなくて

もっとホントの笑顔

みせてよ



みつを

==

▼応援ありがとうございますm(__)m
1票よろしくおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
後期初日の生活。 
2005.10.04.Tue / 07:04 
猛烈に順位を上げる東大生のブログ!?
===


今日の朝、久しぶりにランキングをチェックしたら、このランキングで1位になってますた。みんなありがとう!
ちなみに2位のブログは毎日チェックしておりますw記事冒頭につく一文が毎回楽しみ♪

ということで、ランキングにより、目覚めのよい朝を迎えることができたけれども、今日は大学の後期が始まる日。半分「めんどくせーな。」っていう思いと、久しい友人との再会の喜びという二つの思いが朝から駆け巡りまくる。もう我慢できねぇ。


そして、いざ大学にいったんだけれども、、、すごいね。
みんな輝いていたよ。すげぇ眩しかった。あまりにみんな光っていたもんだから、僕は廊下の影に隠れるようにして歩いていたよ。朝っぱらから、あの光と一緒にいれるだけのエネルギーを持ち合わせていない。

2年生の女の子たちが今まで聞いたこともないような甲高い声を上げて再会を喜ぶ姿。すでに我が土地は秋気配だけれども、社会福祉学部、短大部の学生を中心に、まだまだ夏の終わりの明るいファッション。それら全てが大学に活気を与えている日でした。この空気で毎日過ごせたら大学変わるかもな、とか思った。


…少なくとも午前中はね。

午後からは、皆久しぶりの講義に疲れた模様で若干元気がない感じ。
というよりは、「いつもどおり」の様子に戻ってる。夏休み明けだから無理ないだろう。みんなお疲れ様。この場を借りて健闘を褒め称えておきます。

ちなみに僕はというと、朝誰とも話したくないタイプということもあり、午前中は体力温存モード。でも、午後は好きな授業が詰め込まれていたということもあり、一応テンション高めの設定で過ごしてたわけです。いつものようにみんなのテンションに乗り遅れた感が強いw

こういうわけで、テンションに乗り遅れたことで少し残念がりながら、一人でウロウロしていたら、うちの学部のミス(僕が勝手に思っているだけ)と話すことができて、少しうれしかったり。久しぶりに会ったっていうのもあるけれども、彼女も夏休みを終え、だいぶ垢抜けた感じが妙にうれしかった。やっぱり近くの友人が目に見えて成長しているのを確認すると、「自分もがんばんなきゃ!」とうれしくなる。

これを1年前から「神秘の出会いパワー」と勝手に呼んでる。神秘とつけるところがポイント。
交流会もそうだけれども、学生イベントを通して仲良くなった友人と久しぶりに再会したときに、相手が大きく成長している姿をみると、次会うまでに自分もがんばろ!っていう思いに駆られることかな。出会うことでお互いさらに自分を高めようって気になる。


少し話はそれたけれども、今日1日を振り返れば「神秘の出会いパワー」をたくさんの友人からもらったことが大きいかな。久しぶりに会って、なんだか背中が大きく見えた人が多かったね。特に同じ専門演習のアノ方のイメージが少し変わりましたとさ。惚れ直したよ、明智君。


そういえば、相棒のキムチと会えるのを実は楽しみにしていたりしたんだけれども、今日は見なかったなぁ。まぁ、気にすることでもないんだろうけど。どうせ今月中には会えるだろう。


ちなみに後期は社会学系を中心に取得したいと思います。いつも前の方の席に僕はいるので、同じ講義になった際には後ろから消しゴムでも投げてやってください。最近耳が遠くなってきたようで、声だけだと聞こえない可能性があります。





夕方、外に出たらトンボがゆっくりと空を泳いでいた。

トンボの羽の動きがだいぶ遅くなっている。


そろそろ本格的な秋気配。



平成電電が民事再生法のニュースにびっくり。やっぱり秋だ。

▼応援ありがとうございますm(__)m
1票よろしくおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
叫びだすココアたちが人間の価値を悟らせる。 
2005.10.03.Mon / 07:59 
100位前後の上海ユフィセキララ人生が面白い♪
===


喉が渇いた。






目の前に紙コップ式のジュース自動販売機がありました。









お金を入れました。











ホットコーヒーを飲むかな。














ポチッ。




















「ジャーーー、ガッチャン、ジャーー。」(飲料が出てくる音)


















…少しの待ち時間の間、自動販売機のメニューに少し目をやる。



































「※商品をお選びいただく前に、自動販売機横にあります紙コップをセットしてください。」
























(゜д゜)!!

いまどき、紙コップ手動!?











慌てて、「ジャー」の音のするほうに目をやると、


当然のごとく、地球の水不足問題を全く気にしないココアたち。














しかも自動販売機横の紙コップは切れてるしっ。





悲しいかな。






何が悲しいかって。


その光景を見て、「ジュース飲むよりも価値のある光景を見れた♪ブログのネタになる!!」と思い、すげぇ喜んでいる自分が悲しいかな。笑顔いっぱいだったよ。





あぁ悲しいブロガー。









その後、2回目の挑戦をすべく、別の自販機から少し縦長の紙コップをとってきて、またホットココア頼みました。どうしても飲みたい。


でも再び、水不足問題を全く臆することのないココアどもが叫び出した。


どうやら微妙に紙コップのサイズが合わなかったため、注入口がずれていたみたい。











結局2回目の失敗を見ていた、親切な方からココアを分けてもらいましたw



ありがとう。

















ってか、2回目の挑戦しなくても、普通に縦長紙コップの自販機で買えばよかったと、今書いていて気づいた。

人生こんなもんなのかな。







パニックになったとき、人間の新の価値が問われるね。
そう深く感じた日曜日でした。


▼応援ありがとうございますm(__)m
1票よろしくおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
| BLOG TOP |

Ad

PROFILE

.tak

  • .tak
  • 東北地方の田舎大学に通う20歳。

    "常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである"

    常々、常識が欠けていると実感する毎日です。
  • RSS
  • 管理者ページ

SEACH THIS SITE..


Banner

下のバナーをクリックするとこのブログの人気がちょっぴり上がります。そのちょっぴりの優しさが管理人をやる気にさせますm(__)m
1票入れる

1票よろしくおねがいします。


CALENDER

≪ 09 | 2005/10 |  11 ≫
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

LINKS

iroiro…

可愛がってください◎
メロメロパーク

CopyRight 2006 あぁ人間的、あまりに人間的 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。