ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2006年01月の記事一覧
≪12month
This 2006.01 Month All
02month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第24回政策・情報学生交流会開催!
会うチカラ 
2006.01.28.Sat / 15:08 
打倒・ミスキャン!と果たしてなるか…
==

最近はシャワーの合理化をするのが趣味な、takです。
こんにちは。

僕の場合、シャワー中にすることって、

体洗う
シャンプー
リンスorコンディショナー
洗顔
歯磨き

今までは何も考えずにやっていました。
でも最近は、例えばリンスは最低でも3,4分そのままにしておくのが理想らしいからその間に歯磨きをすると時間が短縮されるし、効果もアップ!あるいは洗顔も少しおいとくのがいいから、その間にストレッチをしたり、となかなかアクティブなことをしてます。

是非みなさんも色々改善してみてください。

くれぐれも石鹸で滑らないように。



今回は今日読み途中の本にちなんだこと。
3月上旬に開催されるイベントで、インターネット・コミュニティを題材とした分科会を開くので、そのための勉強中というわけ。

というわけで、その助言をもらうため(?)に5日くらい前に別の学部のS先生をお邪魔して、次の日にいつもお世話になっているH先生のところを訪ねてみた。うん、やっぱり先生の研究室を訪ねてナンボだな、と思う。

主に今のインターネットのコミュニケーションがいかにして成り立っているのかを話したんだけれども、話せば話すほどインターネットを介したコミュニケーションの奥深さに関心してしまったね。

浅はかな知識ながらここに書いてしまうけれども、一番の疑問は、「対人コミュニケーションと電子メディアコミュニケーションの違い」ってこと。ブログもSNSもそうだけれども、いまやコミュニケーションをする場合、面と向かい合って話すのと、電子メディア(電話、ネット、メールなど)を使って話すのではどう違うのかが見えにくい。「見えにくい」というのは、電子メディアのみでのコミュニケーションが成り立っているということに対する疑問でもある。

例えば、インターネットにおけるコミュニケーションはテキストベースで進められる。これは対人コミュニケーションに含まれるたくさんの要素をそぎ落とした形。それでもコミュニケーションは成り立っている。もちろん顔文字やアバターをはじめとした様々なリテラシーがあるけど、それを考えても今、こうしてコミュニケーションが成り立っていることが不思議でならない。

百歩譲ったとして、電子メディアだけでもコミュニケーションが十分成り立つとする。そうなると今度は対人コミュニケーションが持つ優位性を知る必要が出てくる。なぜならば、対人コミュニケーションの方がコストがかかるため、それに見合うだけの優位性を証明する必要が出てくるから。では、それは一体なんだろうか。

H先生は、こんなことを言った。
「今は放送大学や早稲田大学、あるいはNHKの教育番組などでは、画面上で講義をしているが、有名な先生がやっているだけあって、非常に分かりやすく面白い。また、画面上でやる講義で使われる素材はどれもいいものばかりだ。はっきりいって、普通に大学で行われている講義と比べても見劣りするどころか、勝っている。
そうなると、我々が大学でやる講義がこれらに勝っている部分を見出さなくてはならない。君達は毎日寒い中を必死で登校してくるわけだけれども、そのコストに見合うだけのクオリティがなければ君たちは家で画面講義をしているほうがよっぽどいいことになる。」

大学で行われる講義というコミュニケーションは、主に一方向的である。もしも打開を図るとすればこの点だろうか。
それにしても先生の言ったこの言葉に対する否定意見が思い浮かばなかったよ。

今思うと、リアリティの差が心理に何かしら影響するかもなぁ位しか思いつかない。つまり、対面コミュニケーションと電子メディアコミュニケーションの境界はリアリティの差であるから、その認識差による人間の心理への影響。

ただ、画面講義の方が大学の講義よりも圧倒的にクオリティが高い中で、その影響がそれを越えるかは不明。



ちなみに僕は、大学受験のときにサテライトの塾に行ってました。
毎日のようにテレビ画面を見ながらの授業だったけれども、高校の授業とは比べ物にならないくらい分かりやすかったのを記憶してる。はっきりいって、高校の授業が持つ優位性を考えない位まで差があった。

予備校のサテライトやってた人あたりがどう思うのかが知りたいとこだね。




”会うチカラ”



これが持つ強さをイマイチ言葉で説明できん。
別なアプローチから考える必要があるのかな。


ちなみに、今度ブロガー同士の飲み会をやるけれども、これは純粋に「会ってみたい」という欲求だったりします。

うん。
その欲求が持つチカラを知りたいんだ。

参加人数増えてきたので、是非あなたもくるべしっ!!

============
学生ブログランキング
飲み会参加者募集中!!
詳細
============




====
よければ、応援クリック!!よろしくおねがいします。

さらに1クリックすると管理人.takが喜びます♪

話題の「生協の白石さん」へ行く

1クリックおねがいします。


===PR=============


ランキングジャパンというサイトが新しくできたみたいです。
「関根勤ものまねランキング 」とか分け分からんランキングをはじめ、たくさんのランキングが掲載されているから、一度訪れてみてもいいかも♪

ちなみにかなり商品が豪華です。
僕はiPodに応募してみました。
キャンペーン
あんまりライバルは増えてほしくないけどね…
==================
スポンサーサイト
第24回政策・情報学生交流会開催!
テレビ・ごちゃごちゃ。 
2006.01.23.Mon / 14:08 
上位はみんな美人さんですね。
==


最近家のネットが使えなくなったおかげで、テレビ見る時間が増えました。特に見るのがニュース。たぶん自分の生活スタイルがこの放送時間にマッチしているからでしょう。

そんで、例えば朝7時とか、夕方6時くらいにテレビをつけると、みんなどこも同じようなニュースしかやっとらんのです。コンテンツが似ているとかじゃなく、「情報の深さ」が同じなんだよ。

確かにニュース番組に求められていることは「薄く広く、短時間で流れる情報」だと思う。実際にその点においてはどの局もとらえている。でも今話題になっているホリエモンとかのニュースを見るたびに、「大きな進展がなく、数日経つんだから、もっと別の視点でみるとか、掘り下げるとかできないのかな~。」的なものを感じてしまいます。つまり、情報源に大きな進展がない場合、テレビではずっと同じようなことを言うしかないのかな、と。どの局も、偽計取引の説明を何日もやったり、ただの善悪論だけを永延と語ったり…。

そういう時に、少し考えたのがブログとメディア。
例えば、報道が新しい事実とかを見つけない限り、テレビモニターの上では有名人とかがこの問題についてアレコレというだけの番組になっています。でもこれって、ブログや掲示板でとやかくこの問題について意見しているコンテンツとなんら変わりはないんじゃないかな、と。言い換えれば、マスメディアは新しい情報を報じることにだけ優位性があるのかどうかということ。


「報道」をwikiで検索してみた。
「報道は報道を受け取る大衆との信頼関係の上に成り立っている。この為、報道は事実に基づいたものである必要があり、事実を追求する取材が不可欠である。憶測や推測に基づく記事は、信憑性が失われる原因となり、結果として信頼関係を失うこととなる。取材をして裏付けを取り事実を報道することが、報道の原則である。」

うーん。。
すでに日本の報道は信頼関係を失っているのだから、成り立たないような気がする。今回のライブドア問題に関してもホリエモンを擁護するつもりは全くないけど、どこまで本当なのかが分からない。今や新聞もテレビも嘘をつくのは当たり前になってきてるし。あるいは嘘をつかなくても過剰な表現が多すぎるから、どこまでが本当で、どこまで信じていいのか分からない。(といっても社長日記を信じる気もまんざらないが)

マスメディアに、事実を少しでも早く届けるという部分があるのは分かる、でもその事実をどのように報じるのかという部分においては代替メディア、あるいはそれ相当のメディアが出現しているかもしれない。


そんなことを考えながら、昨晩テレビをつけるとNHKがライブドア関連のニュース特集をやっていた。
「またか…」と思いながら消そうとしたら、「特集:ライブドア株で損をした個人投資家たち」というもの。なんでも今回のライブドアショックで一番被害を被ったのは、6割を超える個人投資家たちということで、個人投資家たちにクローズアップしてみようという特集らしい。
専門学校に通うための600万円だかを今回の騒動で失ってしまい、専門学校に行けなくなった個人投資家などが紹介されていた。

こういうのを見ると、「ライブドアも問題だったかもしれないけれども、株主側にも一定の問題があるのかもなぁ」と浅はかながら思ってしまう。少なくとも、どっかの有名人が「株主にも問題がある!」と言うよりは全然インパクトが違う。

取材、編集、構成する時間が全然ない中で行われたことが目に見えてわかった。本当に現場のスタッフは大変だったと思う。でも、こういう大きな進展がないときだからこそ、別の事実関係からの放送をすることで、新しい考え方を視聴者に与えてくれる番組は大歓迎だと思った。
例えば、今回のライブドア問題ならば「株主訴訟について」「粉飾決算はライブドアだけなのか?」「株主導の経済が破綻するとき」「なぜここまでマスコミは大きく
報道するのか」みたいなのをやってくれると面白いかも。


1年前に、マスメディア論の先生が「何かを書こうと思ったら、まず足を動かせ。」と言ったことをふと思い出した。おそらく事実に対する認識こそが最も説得性のあるものだと知っているからであろう。



そんなことをダラダラと書いていたら、結局何が言いたいのか分からなくなってきたので、これでおしまい。チャンチャンッ。


==
学生ブログランキング
飲み会参加者募集中!!
詳細
==


====
よければ、応援クリック!!よろしくおねがいします。

さらに1クリックすると管理人.takが喜びます♪

ラブホでバイトしているブログ

1クリックおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
身も心も寒いんだよ。 
2006.01.21.Sat / 08:27 
ポッキーの由来がわかりました。。
==

携帯電話が使えなくなって、1週間目。
「携帯電話が使えない」というよりは「携帯電話の電池が切れたが、充電器が壊れているため、そのまま使えない」というのが本当の事情ですが。

いろいろと小さな問題はあったけど、この日ほど携帯電話が使えないことを悔やんだ日はない。







その日は、とある飲み会。







20時
土間土間に集合ね~。


というメールが流れていたので、30分前から店の前で待つ。




…10分経過。



う~…寒い。

気温は-1℃。
さすが東北。







…20分経過。


無駄にタバコの吸殻だけが、街頭灰皿に積み上げられていく。
そろそろタバコを持つ手の感覚がなくなってくる。














…30分経過。約束の時間。


誰もくる気配がない。
少しずつ焦りの色が出てくる。

でも誰かに連絡はいれたいのだけれども、携帯電話は使えない…。



妙に向かいにいる、ティッシュ配りのお姉さんと目が合う。
お互い寒い中、立っているということで妙な親近感を勝手に覚える。









40分経過。


もしかしたら日付を間違っているかも…


というわけで、携帯電話の電池は10秒くらいなら復活してくれそうなので、それを試してみるが、電源押してからメールを見るまでの過程で、電池が切れる。なんとも不運。


何度も試すが、試せば試すほど一時的復活時間は短くなる。

しかも手が凍ってきた。







50分経過。


手が凍えてきたので帰ることにした。



気温は-2℃

「今日は、なんのために自宅から土間土間まで1時間もかけて来たのだろうか…。交通費だけで1200円だがっ!

というか、悪いのは誰??」


恐らく考えられるケースは以下。

①僕が日付を勘違いしていた。

②飲み会の開催案内自体が後日変更になった。


いずれにしても、携帯電話がないと事実確認すらできない。
今日は不運だったと思うしかない。

昔の人はリアルタイムで通信できない中で、どんな心境で待ち合わせしていたんだろうね。それだけ気になりました。






というわけで、帰り際に、ティッシュのお姉さんに「お疲れ様です」と言って、ティッシュをもらって帰る。お姉さんはいつもどおりの笑顔。
なんだか、その日、はじめて人の心に触れた気がしました。












うん。

オチはなし。
タラタラと「寒くて死にそうなんだぁぁぁああ!」という気持ちを伝えたいだけ。



ところで、待ち合わせで携帯電話を忘れてしまったときに限って、誰もこないとき、あなたはどうする?

⇒僕は早々と帰りました。



明日、明後日はセンター試験です。
受験生のみなさん、携帯電話の電源は忘れずに!
(最終的にこれだけ言いたかった。)




==
学生ブログランキング
飲み会参加者募集中!!
詳細
==

====
よければ、応援クリック!!よろしくおねがいします。

さらに1クリックすると管理人.takが喜びます♪

話題の「生協の白石さん」へ行く

1クリックおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
激戦!家電量販店2 
2006.01.14.Sat / 16:41 
ごあんちょさん、就活がんばってください。

前回~激戦!家電量販店①~の続き

前回は主に接客について書いた。
今回はさらにそれを掘り進めたいと思う。
====
A店:どんどん安く売りさばき、お客さんの数も県内トップクラス。
B店:けっして安くはないが、リピーターが多く、昔からの信頼関係で顧客層をつかんでいる。
====

前回の記事を書いてからずいぶん経ったが、何か腑に落ちない部分があり、それが分かるまでにこの月日を要してしまった。11月の終わり時点ですでに記事は出来上がっていたが、どうしても納得できなかったのだ。それは文章ではA店とB店を比べた際に若干A店よりに書いているとしても、ほぼ公平な立場から考察し、その結果お互いにいい部分を持つことが分かったにも関わらず、店の雰囲気はA店がはるかに上回っていることだ。

経営スタイルが異なることを置いたとしても、店の”雰囲気”というものはけっして忘れてはならない重要なものである。雰囲気の悪い店は客を待たずして淘汰される。それでは、いったいA店とB店の雰囲気の差はどこから生まれてくるのかを今回は考えてみた。その結果、ひとつのものが浮かび上がってきた。



『共通意識』

A店の社員用入り口の扉を開けると、すぐに1枚の張り紙が目に付く。

『雪道には気をつけろよ。
交通事故に対する意識が甘くはないか?
「どうせ~だろう。」とかいう子供じみた言い訳をしてるんじゃないか。』



そして階段を上ると、今度は大きな2枚目の張り紙が見えてくる。

『過去のお客様からの苦情一覧。社員のみならずヘルパー・バイトもみるように!』



さらに上へ行く。


『清潔意識はあるか?
今にお客さんがこなくなっても知らないよ。』

『先月の伝票ミス一覧』

『先月の在庫調整状況(数が足りない!?)』

『今月の新商品』

『先月の社員別売り上げ順位』

『先月の店舗別売り上げ順位』

『お前もしかして言っていないか?
7大タブー用語。』

『お客様との約束は必ず守ること!!』


売り場フロアまでに行くまでにおよそ10枚以上の張り紙を目にする。
しかも不思議なことに毎週通っている通路にも関わらず、毎回全部目を通してしまう。おそらくここを通るバイトを含めたほとんどの店員は、暗黙に共通の意識を持つことになるだろう。

特に、店の売り上げを堂々と廊下に貼り出すという行為の根底にあるのは、「社員のみならずバイトにも、常に店の現状を知りつつ働いてもらい、モチベーションを高めて欲しい」という魂胆が伺える。これが全店員が共通の意識を持つことにつながっているのだろう。また、接客だけでなく、防犯や清潔意識までをも徹底させるところに、全店員に対し”プロ意識”を持つことへの期待を感じさせる。

このかいあってか、例えただのアルバイトであろうと店の売り場につくころまでにはだいたいの店の現状を理解し、己のモチベーション喚起に役に立っていると思われる。


対してB店では、そのような張り紙はされていない。というよりもこれが普通なのかもしれない。店の売り上げ表なんかも社員さんしか知らないのではないだろうか。

もちろんこれだけで店の雰囲気の大部分を判断するのは無理かもしれない。しかし、A店で徹底されている”全店員に共通意識を持たせる”という管理は理屈抜きで成果をあげている。例えば社員さんと話しているとき「今月やばいから、今日はがんばろうな!」と声をかけられたときに、A店とB店の場合では理解度の差が出てくるだろうし、それに伴うモチベーションの差も大きいものになる。実際に僕自身、A店の方が店の売り上げ状況などを把握している分、接客にも力が入る。


B店でバイトをしているときに一番気になった点がある。

B店には店の売り場を清掃するためだけのパートさんが雇われているのだが、このパートさんはお客さんとの接客中でも平然とお客さんの足元にモップを伸ばしてきたりする。つまり「お客<清掃」という意識が強い。
さらに、そのたびにお客さんは無言でどけるが、明らかに表情が強張る。接客に支障がきたされているのは一目瞭然だ。


これを見るたびに、全店員に共通の意識を持たせることは非常に難しいが、雰囲気づくりには欠かすことのできない要素であるとつくづく思う限りだ。


黙って黙々と掃除をするパートさんは、”店員”ではない。

<つづく>

==
学生ブログランキング
飲み会参加者募集中!!
詳細
==

====
よければ、応援クリック!!よろしくおねがいします。

さらに1クリックすると管理人.takが喜びます♪

話題の「生協の白石さん」へ行く

1クリックおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
* テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記 *
ブロガー飲み告知!! 
2006.01.13.Fri / 07:14 
ランキング見るのが怖いです。。
===

あけましておめでとうございます。
今年もいろいろと、本当にいろいろとお世話になります。

お久しぶりの更新。
なにやら、コメントスパムが300件以上きてるしっ!!
新年早々、いやな気配。

====▼告知▼====

学生ブロガー飲み開催!!


ってな訳で前から話していた通り、学生ブロガー飲みを開催します。

参加対象は基本的に学生ブログランキングに登録している人ですが…まぁ、来てくださったら皆さん歓迎です♪

地方からの参加も歓迎ですよ、ってかむしろきてください♪

【日程】2006年2月20日


【場所】都内某所(新宿を予定していますが、人数によります)

…詳細は決定次第発表します。


【時間】18時半集合、19時開始(予定)


【参加方法】1月31日までに下記のアドレスまで以下のテンプレートを利用してメールを下さい。それ以降の参加は場所の関係上、応相談な方向性でお願いします。


--------------------kokokara--------------------

【名前】

【ブログ】

【連絡先】tel:
     mail:

【その他】

--------------------kokomade--------------------




なお、予定では地方からの参加者も考慮して、「第1回ブロガーカラオケオール大会~寒い夜をぶっ飛ばせ!!~」の開催もあるとかないとか。



【主催者】
ゴアキ:日刊ゴアキ!!

連絡先→nikkan_goaki@ybb.ne.jp

tak:あぁ人間的、あまりにも人間的



までご連絡下さい♪


なお、企画を立てるのに協力してくれる人も募集していますのでよろしくお願いします。

日本全国からの参加者をお待ちしています☆


僕はもちろん東京周辺どころか、北東北に住んでいるわけだけど、参加します。是非東京以外の人とかも一緒に行きませぅ。鈍行列車で途中で落ち合うのもアリです。

=====▲告知▲=====

【先週のこと】

先週は美容室に行ってきたんだけれど…








ドウイウコトデショウカ?








今現在、美容師さんにおねがいした髪型と、完成型の違いに焦っています。あれだけ「前髪長めに残してください」とお願いしたはずなのに、坊主頭の人の1カ月後くらいの前髪しかありません。









ドウイウコトデショウカ?






現在、いかに前髪をてっとり早く伸ばせるかのアイディアを募集中です。早く伸ばさないとブロガー飲みのときに無様な髪形で行くことに…。


ひとつ知恵をお貸しください。

====
よければ、応援クリック!!よろしくおねがいします。

さらに1クリックすると管理人.takが喜びます♪

話題の「生協の白石さん」へ行く

1票よろしくおねがいします。
第24回政策・情報学生交流会開催!
| BLOG TOP |

Ad

PROFILE

.tak

  • .tak
  • 東北地方の田舎大学に通う20歳。

    "常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである"

    常々、常識が欠けていると実感する毎日です。
  • RSS
  • 管理者ページ

SEACH THIS SITE..


Banner

下のバナーをクリックするとこのブログの人気がちょっぴり上がります。そのちょっぴりの優しさが管理人をやる気にさせますm(__)m
1票入れる

1票よろしくおねがいします。


CALENDER

≪ 12 | 2006/01 |  02 ≫
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

LINKS

iroiro…

可愛がってください◎
メロメロパーク

CopyRight 2006 あぁ人間的、あまりに人間的 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。