ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第24回政策・情報学生交流会開催!
キオク 
2005.06.13.Mon / 23:59 
突然フラッシュバックする記憶

20050613234934.jpg

記憶には己の感情が含まれる

だから、過去の出来事に類似した場面に遭遇するたびに過去の記憶が感情とともに湧き上がる

あるいは、類似せずとも何かのきっかけで、ふとそれら全てが頭の中をフラッシュバックする

本当にすごいよな
頭の中にある、体験、考え、人、…、それら全てをひっくるめた記憶の情報量はもはやパソコンなどでは計り知れないくらいのもの
それを己の頭は一瞬にしてそれらを引き出し、あたかもその場面にバックしたかのような感情をわきあがらせる

しかし、これらとっさのフラッシュバックのデメリットは本人が意図せずとも起こるということ
その具体例は挙げるまでもないだろう


先日、高校の部活の後輩に喝を入れるため、体育館に寄った

すると体育館の前でフラッシュバック
そういえば僕が卒業までわずかだったとき、部活が終った放課後に電話で女の子をこの場所に呼んで待たせてたんだっけ…
苦い思い出。

そして高校の近くのカフェに入る
そういえばこの場所で一緒に本読んだり、勉強してたな…
少し笑う僕

僕の生きてきた今までの場所、ひとつひとつにたくさんの記憶と感情が染み付いている

時として、それらは僕の胸を苦しめる

あるときは、そのあまりの感情の大きさに突然一人で泣き出すときもあるだろう

でも同時にいつもカワラナイ気持ちがあるこの場所を大切にしたいと思うのはなぜか

人生において二度と同じ感情にはめぐり合わないその貴重性が自身の存在を成り立たせているからだと僕は思う


昨日僕が感じた嬉しさは固有のものであって二度とこない

昨日僕が感じた悲しみは固有のものであって二度とこない


だからあのときの唯一の記憶が残るこの場所が、世界でひとつという固有な自分の存在証明のための一部

言葉では全てを語れないし、伝えられない唯一の場所、記憶。
そして、友人という記憶の中の最高の登場人物たち。

これら全ての集合が、今、僕という確かなものが存在する証。


僕は一人しかいなくて、僕の記憶も一人しか見ることができなくて、僕の感情もまた、一人しか分からなくて、…。
そんなことを考えていたらふいに自分の存在を確認したくなった。

でも、日本を見渡せばたくさんの場所と人に僕の記憶の断片が落ちている。

======
よろしければこちら訪問してくださるとうれしいです◎
(最近ランキングが急激に上昇していて怖いです…。僕のファンが急増していると考えてよろしいのでしょうか笑?)

今日はしんみりといってみました。
結局なにが言いたいのかは分からないけど、無性に書きたくなっただけ…笑
なんだかバンプとミスチルの影響をかなり受けていることを再確認やねw

次回は万博について書こうっと!
スポンサーサイト
第24回政策・情報学生交流会開催!
* スポンサーサイトキオクへのコメント *
no title
「生命の本質が遺伝子を介して伝搬する情報だとするなら、社会や文化もまた膨大な記憶システムに他ならないし、都市は巨大な外部記憶装置ってわけだ」なんて言葉を思い出したな~。企画がんばるぞ!

no title
イノセンスの一部ですね^^

エネルギーとか情報の流れを見るたびに、結局は自分も大きなシステムに組み込まれた一部であるかのように感じてしまいます。(そこから思考の発展はないのですがね…)

企画がんばりませぅ!

人間って。
すべての人間は、関係でなりたっているのだろうっと思います。

誰かがいて、自分がいる。
誰かがいなかったら、自分もいないのかな?

誰かの存在を感じて、自分の存在を感じる。

その単純なことに、なかなか自分はきづくことができなかった。

人って、もしかして。いるだけで、誰かの存在を支えているのだろうって、おもいました。

しょうた

no title
>>しょうたさん
そうですよね。
なんかみんなリンクしているって感じです。
そのとき、重要なのはそのリンクの太さで、それが友情だとか愛情という言葉で表現されるのかな。

僕もまた社会に組み込まれた一部だから、誰かを支えているし、誰かに支えられています。

   非公開コメント  
* スポンサーサイトキオクへのトラックバック *
スポンサーサイトキオクのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ad

PROFILE

.tak

  • .tak
  • 東北地方の田舎大学に通う20歳。

    "常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである"

    常々、常識が欠けていると実感する毎日です。
  • RSS
  • 管理者ページ

SEACH THIS SITE..


Banner

下のバナーをクリックするとこのブログの人気がちょっぴり上がります。そのちょっぴりの優しさが管理人をやる気にさせますm(__)m
1票入れる

1票よろしくおねがいします。


CALENDER

≪ 11 | 2016/12 |  01 ≫
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

LINKS

iroiro…

可愛がってください◎
メロメロパーク

CopyRight 2006 あぁ人間的、あまりに人間的 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。