ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第24回政策・情報学生交流会開催!
情報を検索する力を身につけよう② 
2005.06.22.Wed / 03:28 
はあちゅう日記ついに首位陥落。。

今回は、「検索語句」について少し書いてみたいと思います。


まず、グーグルやヤフーで検索する場合、ほとんどの人は連想する2つ以上のキーワードをスペースで区切るわけですが、それだとどうしても検索結果が多すぎて困るわけです。その代替手段として、論文、書籍、ブログなどひとつのジャンルだけを検索するツールも出ています。でも、そういうジャンルにカテゴライズしにくいものについては、少しばかり検索語句の方法を見直したほうが早いと考えられます。

ということでっ!
複数のキーワードを組み合わせるときのちょっとした工夫です。


①どちらかのキーワードでヒットさせたいとき

ここで検索キーワードをA、Bとおきます。

通常の検索「A B」では、「AかつB」の検索結果が表示されます。
だから、「大学 東京」と打てば、東京と大学の2つのキーワードを含むページが表示されます。

では、「AまたはB」のページを表示させたいときはどうすればいいのでしょうか。

答えは、「A OR B」または「A | B」と打つことでできます。
なので、さっきの「東京 大学」の例を出すと、「東京 OR 大学」と打つと、東京か大学のキーワードが含まれるものが出てくるため、東京にある服の店や、アメリカの大学生の論文までもがでてきますw

この「OR検索」は、主に二つのキーワードがほとんど同じような意味の時に大活躍します。例をあげるのならば、「寺 OR 神社」「手紙 OR ハガキ」などです。

ただ、これは正直あまり使った記憶がないです笑
使用頻度としては、例えばネットの荒らしのハンドルネームとそのIPアドレスのふたつをOR検索して、その荒らしがどこでどんなことをやっているのかを検索したりしてました。
つまり、名前だけだと偽造できるし、でもIPアドレスをつけると名前を変えて荒らしをしている場合、正確な被害状況が分かりません。

②除外検索

これは「A -B」と打つことで、「Aを含み、且つBは含まない」ページを検索することができます。つまり一気に絞り込むことができます。

例えば、イラストレーターという職業について「イラストレーター」で検索を書けた場合、そのほとんどがAdobeのillustratorというソフトが掲載されたページです。

そこで、検索語句を「イラストレーター -adobe」としてやるだけで、一般的に言われるアドビのソフトは除外された検索結果がでてきます。

ただ、実際に僕が検索してみたところ、検索にひっかかった数に変動がないことから、もしかしたら優先順位が変わるだけなのかもしれません。しかし、いずれにせよ、除外したキーワードを含むページは上位には表示されないので便利です◎



さて、ここまではほんの序の口です。グーグルの解説書を読めば書いてありますw
ということで、ここからが検索の一歩進んだ工夫です♪



よく、名詞だけでキーワードを打っている人を見かけるますが、果たしてそれは限りなく正しいかといったらそうではないと僕は思います。

というのも、グーグルの場合検索キーワードを全て名刺として捕らえて検索をするため、「ヤフー」でも「ヤフーでした」でも同様のひとつの”名詞”として認識されると思われます。(あくまで経験に基づく勝手な予想ですがw)

つまり、今のように「名詞+助動詞」をつけることで大きく検索を絞り込むことができる場合が多いです。

その代表が、「…とは」です。

僕はよくポスターを製作するため、A1のサイズをしょっちゅう調べます。しかしA1サイズを覚えている頭でもないので、毎回A1サイズをグーグルなどで調べます。そのとき、「A1サイズ」とだけ打っては、あまりにたくさんの検索語句が出すぎて、探すのが大変です。

しかし!
ヤフーで「A1サイズとは」で検索をかけると、いとも簡単に「A1サイズとは841×594ミリ…」という内容のページが上位にでてきます。



つまり、「…とは」という助動詞が入った文は、その後にその名詞を説明する文がくる場合が多いため、名詞の意味などを知りたいときに大活躍します!!

例えば、アメダスというワードの意味が分からないとき、闇雲に「アメダス」と検索するよりも、「アメダスとは」で検索したほうが、すぐにアメダスの意味が分かりますね^^

その他にもいろいろ名詞の後ろにつけることで、大きく絞り込む可能性がある言葉があると思いますが、一番意図した検索結果が出てくるのは「…とは」かと思います。

以前、「…には」「によって」なども調べたんですが、かなり制限される模様です。



ということで、いろいろ検索の練習をしてみてください!

▼おさらい
①「A OR B」=AまたはB
②「A -B」=AかつBでない
③「Aとは」=Aについての意味、説明を探すときに便利。







Google














では、最後に。
今回の記事がためになったと思う方はランキングクリックおねがいしますm(__)m

清き一票をおねがいします

スポンサーサイト
第24回政策・情報学生交流会開催!
* スポンサーサイト情報を検索する力を身につけよう②へのコメント *
no title
ほーーーーー。

   非公開コメント  
* スポンサーサイト情報を検索する力を身につけよう②へのトラックバック *
スポンサーサイト情報を検索する力を身につけよう②のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ad

PROFILE

.tak

  • .tak
  • 東北地方の田舎大学に通う20歳。

    "常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである"

    常々、常識が欠けていると実感する毎日です。
  • RSS
  • 管理者ページ

SEACH THIS SITE..


Banner

下のバナーをクリックするとこのブログの人気がちょっぴり上がります。そのちょっぴりの優しさが管理人をやる気にさせますm(__)m
1票入れる

1票よろしくおねがいします。


CALENDER

≪ 11 | 2016/12 |  01 ≫
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

LINKS

iroiro…

可愛がってください◎
メロメロパーク

CopyRight 2006 あぁ人間的、あまりに人間的 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。