ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第24回政策・情報学生交流会開催!
交流会 
2004.12.22.Wed / 19:55 
悪い夢で起きた。

少し疲れを感じる。

のどが痛い。

頭が痛い。




風邪か・・・。
少し寝て、エリコさんに電話で起こされて目覚める。





今日も説明会の日だ。




とりあえず最近のバタバタが一応の終結を迎える日。



今日は過去参加者や興味のある人など10人以上がきてくれた。


僕が「こいつにはきてほしい」と思っていた1年生が2人来ていたのでうれしかった♪(ユキちゃんとハンダ君やね。)


そして、1時間ほど過去参加者から体験談を聞いた。


久々に会う慶さん、丸山さんなどを始めたくさんの人の交流会への想いを改めて聞くことができた。


▼慶さん
映画を見終わった後の外に出た感覚と、交流会を終えて大学生活に戻ったときの感覚が似ていることをうまく用いて、「交流会は新たな気づきの場」とまで表現したのはさすがだった。

本当にこの人はすごい!
3カ月前より年(??)を感じさせないくらいレベルアップしているのが分かった。

この人が30歳になるころには一体どんな人になっているのかが全く想像つかない。

▼丸山さん
初めての苦い交流会参加経験と、英語のホームステイ(?)、今回の交流会の経験から得たものや感じたことを熱くしゃべってくれた。
「自分をさらけ出す」
とても印象に残った言葉だった。



そのほかにもたくさんの人から体験談を聞いていて、本当に交流会はみんなに愛されているっみゃなぁ~と感じてました。


思えば、僕が交流会のスタッフをやったきっかけを話すと、単純に交流会について、岩手のお姉さま方が絶え間なく説明してくれたからだった。


―こんなにも自分たちのやっている企画について胸を張って永遠と語れる”交流会”―

そしてしゃべっているときのお姉さんたちの目は輝いていた。



それが今日の説明会での体験者の目と重なった。


おそらくこれを見て「交流会が悪いもの」と感じるものはいないだろう。

なんであんなにみんな輝いているんだろう。



それはきっと、朋さんや慶さんが言ったものが一番それをあらわしていると思う。





あの3泊4日の非日常で、みんな本気でいたからだろう。



話すと、本気の自分がいつもそこにはいる。



そしてそれが自信にもつながる。



でも、同時に「まだやれる」「もっとレベルアップしたい」という思いも起こる。






本当に不思議な場所だ。交流会。
締めの言葉見つからないので終わりですw
スポンサーサイト
第24回政策・情報学生交流会開催!
* スポンサーサイト交流会へのコメント *
   非公開コメント  
* スポンサーサイト交流会へのトラックバック *
スポンサーサイト交流会のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ad

PROFILE

.tak

  • .tak
  • 東北地方の田舎大学に通う20歳。

    "常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである"

    常々、常識が欠けていると実感する毎日です。
  • RSS
  • 管理者ページ

SEACH THIS SITE..


Banner

下のバナーをクリックするとこのブログの人気がちょっぴり上がります。そのちょっぴりの優しさが管理人をやる気にさせますm(__)m
1票入れる

1票よろしくおねがいします。


CALENDER

≪ 11 | 2016/12 |  01 ≫
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

LINKS

iroiro…

可愛がってください◎
メロメロパーク

CopyRight 2006 あぁ人間的、あまりに人間的 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。