ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第24回政策・情報学生交流会開催!
雪山の頂上にある城を目指す。 
2005.02.21.Mon / 01:43 
いや。うん。日曜日の22:00までは全てが上手くいってたんだよ。でもね、、、
でもね、22:00からが試練でした。



まずバイトが終わり、盛岡駅から電車に乗り、滝沢駅に22:00に着いた僕。

いつもどおり駅前に止めてある自分の自転車のところへ向かい、駅から家まで自転車で20分ほどで帰る。






・・はずだった!っがしかし!





















自転車の鍵が凍って開きません(´Д`;)


何回も蹴り飛ばしました。
何回も鍵を入れてまわしました。
何回も・・・、、、、何回も、、人目を気にしました。。。


でも空きませんでした。

そしてここから僕の冒険は始まった。


まず、家まではずっと上り坂の2キロくらい。
滝沢駅から大学→自宅。という具合である。

まず後ろタイヤが全く動かないが、そこは自転車に我慢してもらって途中までひきずっていたところ、5分もしないうちにスポークが4本壊れたので、仕方なく後ろタイヤを持ち上げながら坂道をトボトボ歩く・・・。



一歩間違えれば、明らかに自転車泥棒の格好です。。。



腕がいてぇ。

大学付近(中間地点)につくころには、自転車を持つ腕が麻痺状態。



当然のように心の奥底から「もう歩けません(´Д`;)」の悲鳴。
だがしかし、歩かなくてはいけない。何がそうさせるのかは分からないが、最近自分に我慢させる機会が少ないだけにここで諦めたら一生後悔しそうな気がしてならなかったのだ。

余談だけど、うちの家のすぐ近くには個人的に総合政策のアイドル”ふみちゃん”が住んでる。




そうか!

自分を奮い立たせるために、こんな目標が頭に浮かぶ。
























俺は今ふみちゃんの家に向かっているんだ!ここでくたばったら男が廃る!( ̄ー ̄)y―

そう、今僕はお城へ向かっているのだ。そのためにはいばらの道など苦にしてはいけないのだ!!


なんかもう頭の中どうなっているのか自分でも分かりませんが、この目標設定により、かなり元気が湧き出てきましたw

僕はこのときはっきりと悟る。


人は目標があればいくらでも強くなれるということに。
ハイアールのOEC,SSTも結局は社員に明確な目標を持たせることでやる気を出させているわけです。




そして残り500メートルに差し掛かったところで、道が2択に分かれる。


①このまままっすぐ行くと、600メートルの平坦な道で家につく。

②左へいくと、家まで2,300メートルくらいだが、山道のため大きな上り坂があるし、人が通らないため雪が40cm近く積もっている。








当然、を選択!


・・・が、思った以上に道は厳しかった。
まず雪に自転車がはまり、全く前進できない。。。

少し持ち上げて、気が緩むとすぐに自転車が「ずぼっ」と埋まってしまう。

埋まっては、持ち上げ、埋まっては、持ち上げ、・・・。





・・・ん?















ずっと自転車を担いでいったほうがラクじゃん!!





ということで、自転車を両手一杯にかついで傾斜45度くらいの雪の山を登る。


自転車の重みもあって、膝まで雪に埋まる。同時に足の裏が雪の↓の氷を捕らえ、滑りやすくなるので手をつき、四つんばいになって雪山を登る。







そして気づくと僕は”城”に着いたのだった。
注意)けっして怪しいものではありません。




ふぅ。



まだ家にはついていないが心に響く自分を賞賛する声たち。







「男になったなタクよ。」

「お前は立派な王子だ。」





と。



そして城から1分ほど歩き、僕は本当の目的地についたのだった。




20050221013613.jpg

ついたどーーーーーー!















たった2キロの道のりだったけど、僕にとっては重さ20キロのリュックを背負いながら雪山に上る登山部の気持ちでいっぱいの夜でした。

当然、雪山のてっぺんにはお城がw










はい。おしまい。読み返したらつまらなかったので後日消すかもしれませんです。
ただ、最後にこれだけは言っておきます。




自分で人参の幻想を作って走っても、残るのはさびしさだけだよ(´ー`;)
スポンサーサイト
第24回政策・情報学生交流会開催!
* スポンサーサイト雪山の頂上にある城を目指す。へのコメント *
んふふふふふ。
なかなかオモシロかったよ?
鼻から『んふふふふ』なる笑いが出たもん。

なんか変やだけど、そういう自分の中での
『勝負時』ってあるよな。
あたしも台風の日に、お母さんに迎え頼んだ
んだけど、イヤって断られて、
でもタクシーには乗りたくなかったから、
カサもささず豪風の中、歩いたの。
あの時も、『タクシー乗ったら負けや!!』
っていう自分の中での『勝負』をしとったわ。
今考えれば、別にタクシー乗っときゃいいのにね。
たくの自転車だって、置いときゃヨカッタ
じゃん。

おもしろかったよ。
お疲れ様。がんばったな・・・。
滝沢住まいって大変なんだな・・・。

てかふみちゃんってだれだ????

>aSukA
ぉ!似たような状況だね♪
あなたと同じように僕も自転車を大学に置いて家に帰ればラクだったのは分かっていたけど、こうなりました。


>miya
総合政策学部のふみちゃんを知らないとは失敬なっ!
確かに総合政策の中にはいっぱい”ふみちゃん”いるけど、1年生の人よ?
僕が名前を覚えている数少ない学部の女の子です。

大変な帰り道だったみたいだね。
氷を溶かすためのお湯が必要なら僕のアパートによれば良かったのに(笑)僕はサンクスの向かいにある古いアパートに住んでるよ(^^)

僕もふみちゃん知らないな。

実は昨日、暖かい夕方前に自転車と格闘してまして・・・。どうやら凍結以外に原因がありそうです。

サンクスでカップラーメンを買って、お宅にお邪魔してテレビを見る計画を目論んでます( ̄ー ̄)y―

   非公開コメント  
* スポンサーサイト雪山の頂上にある城を目指す。へのトラックバック *
スポンサーサイト雪山の頂上にある城を目指す。のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ad

PROFILE

.tak

  • .tak
  • 東北地方の田舎大学に通う20歳。

    "常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである"

    常々、常識が欠けていると実感する毎日です。
  • RSS
  • 管理者ページ

SEACH THIS SITE..


Banner

下のバナーをクリックするとこのブログの人気がちょっぴり上がります。そのちょっぴりの優しさが管理人をやる気にさせますm(__)m
1票入れる

1票よろしくおねがいします。


CALENDER

≪ 11 | 2016/12 |  01 ≫
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

LINKS

iroiro…

可愛がってください◎
メロメロパーク

CopyRight 2006 あぁ人間的、あまりに人間的 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。